大切なお体の事だから、はじめての時ってとても不安になっちゃいますよね。

簡単に足つぼとリンパマッサージのご紹介です。


足つぼ療法は古代中国では約四千年の昔から民間療法として継承されて来ました。

足の裏には各器官(内臓)と関連する反射区=つぼがありその部分を刺激することでその反射区を関連のある器官の機能を高めていくという治療法です。




人それぞれに痛みの感じ方も違いますが、最初は、芸人さんのリアクションでおなじみの様にものすごく痛いのですが、だんだんとイタ気持ちよくなってきます。

また特に痛みを強く感じる反射区(ツボ)は調子が悪いところで、体の不調の箇所を見つけることもできます。

最初の数分間だけはものすごく痛いかもしれませんけれど、だんだんとその痛さが心地よくなってきます。




足の裏にある各ツボからそれぞぞれの器官に刺激が伝達されて、各器官の活性化を高めます。
同時に、血流の改善され新陳代謝が高まりからだの中の毒素を出していきます。

自分でははっきり なんとなく肩が重い、背中やだるいということがありますよね。
足つぼの他にも、全身の各ツボを探っていくと本当は首や腰だったりすることも有ります。

刺激して痛みが激しい時にはご希望で力加減を調節して施術いたします。





体の中には血液と同じように様にリンパ管を通ってリンパ液が流れています。

リンパ液とは体の不要になったもの、脂肪・老廃物・化学物質・たんぱく質・細菌などすなわち「毒素」きちんと排泄器官へ運ぶためのとっても大切な働きをしています。
流れが滞ってしまうと、むくみ・たるみ・しわ・しみ・筋肉痛・肩こり・腰痛などの症状となって現れます。

リンパ液が流れるリンパ管は皮膚組織に多く分布している為、リンパマッサージでその流れを促進させる事が可能です。
リンパの流れは遅いので、施術にはゆっくりと時間をかけ、 マッサージいたします。
その時に、専用のジェルを用いることによってより効果が増していくのです。

そして自然治癒力を蘇らせる事ていくのがリンパマッサージです。